1password

1password 5.0.1

複数のログイン情報を1つのパスワードで管理

賛成票

  • 全てのパスワードを一括して管理できる
  • ワンタップでログインできる
  • iCloud/Dropboxと同期可能

反対票

  • ブラウザーにブックマーク機能が無い
  • Chromeなど他のブラウザーから使用する事ができない
  • クラウドから全データが漏洩する危険性があり注意が必要

秀逸
9

SNSや電子メール、オンラインショッピングなど日々使用する様々なサイトのパスワードをすべて記憶しておくのは簡単ではありません。とはいえ、同じパスワードを使いまわしてしまったら、一度の漏洩で全てのセキュリティが破られ危険に晒されます。そこで、注目したいのが、複数のパスワードを管理できるiOS用アプリ「1Password(ワンパスワード)」です。

まずはマスターパスワードを設定
初めて1passwordを立ち上げたらまずはマスターパスワードを登録します。マスターパスワードはアプリ内すべてのデータを保護するパスワードなので失くしてしまわないように注意しましましょう。1passwordはマスターパスワードを書き留めて安全な場所に保管しておくことを推奨しています。


サイトなどのログイン情報を登録しよう
新しくパスワードを登録するには画面下のタブから「カテゴリー」を選択し右上の「+」ボタンから登録画面に進みます。次に「ユーザー名」「パスワード」「サイトURL」を入力します。以前から使っているパスワードを保存する以外にも、新しく安全性の高いパスワードを自動生成し登録することも出来ます。アカウント情報の入力ができたら最後に「ログイン」「メールアカウント」「メンバーシップ」などのカテゴリーを選択して登録完了です。


ブラウザーからワンタップでログインできる
保存したパスワードを使用するには画面右下の地球型アイコンから1passwordのブラウザーを開き、ログインしたいウェブサイトにアクセスします。ログイン画面を開いたら右下のカギ型アイコンを1度タップ。たったこれだけでユーザー名とパスワードが入力され、あっという間にログインが完了します。また、1passwordのブラウザーを使用せずに保存したパスワードをコピー&ペーストしてログインすることも可能です。

iCloudやDropboxと同期
1passwordに登録したパスワードや個人情報はiCloud・Dropboxと同期が可能です。バックアップを取っておくことで端末の紛失・破損時にもログイン情報を損失せずに済むだけでなく、複数の端末で1passwordを使う際のデータの共有にも役立ちます。クラウドにデータを保存している場合「マスターパスワード」が漏洩してしまうとデータが全部漏れてしまう危険性があるので十分に注意した上で使用する必要がります。

「お気に入り」機能をブックマークとして使える
1passwordのブラウザーにはブックマーク機能はありませんが、「お気に入り」に追加しているログイン情報から良く使うサイトに素早くアクセスできます。ただし、この「お気に入り」機能はログイン情報の一部としてURLを管理する為、ブックマークよりもアクセスまでのステップが多く、使いづらいと感じるかもしれません。せっかくワンタップで手軽にログインできるのでブックマーク機能が追加されればユーザーにとってさらに魅力的なサービスとなりそうです。

1passwordは複数のログイン情報の管理・保護ができるiOS用アプリです。ログイン情報だけでなくiOS端末内の写真・動画・書類をパスワード保護したい人にはiSafePlayがオススメです。

1password

ダウンロード

1password 5.0.1

ユーザーレビュー